FC2ブログ

鯖 日 楼

まあ、いろいろ面倒なこともあるよね。でもそんな面倒を乗り越えることが面白いと思うんだ。したことないけど。(^▽^)d

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在の碧邱徹底解説

碧邱の詳細な街紹介です。
未完成ですが何か?

駅説明やります。
碧邱本線 全駅解説
 M01 妖楠台
  妖楠台
路線:碧邱本線
 碧邱本線始点。住宅駅。ここまで藤田支線、愛称「ゆっくりライン」が直通してくる。なぜかいつまに過発展していたのは驚き。なんか知らんけど駅間エラーがついこの前まであった。

 M02 高萱
  高萱
路線:碧邱本線 碧邱本線藤田支線 彩果線
 藤田支線の本来の始点。上まで直通してるからあまり知られていない。
 でも彩果線の正真正銘の始点。彩果線はここから高層ビルと高層ビルの間の貨物線跡を使って郊外へ行く。
 M03 大出
  大出
路線:碧邱本線 碧邱本線七尾支線
 高萱より45分。途中には右手に碧邱藤田。
 七尾支線は朝ラッシュ夕ラッシュのみの運用。日中は二番線に電車がずっといる。ドアは発車20分前に開く。らしい。
 M04 碧邱
  碧邱
路線:碧邱本線 凛城線
 この町の中心駅。と言いながら利用客数は高萱のほうが多い。まあ高萱のほうが二倍弱本数来るしね。
 M05 五百野町
  五百野町
路線:碧邱本線
 区画整備が成功したのか失敗したのかよくわからない街。見た感じは成功してるが、ここにはかなり悲惨な歴史が。
 M06 南五百野
  南五百野
路線:碧邱本線
 大通りがめちゃくちゃ伸びた。それ以外何もしてない。
 M07 夜月台
  夜月台
路線:碧邱本線
 二年前は酷い光景が広がっていた。ついでに言えばこの整地は苦労した。
藤田支線 全駅解説
 MF01 高萱 解説は上のほう
 MF02 碧邱藤田
  碧邱藤田
路線:碧邱本線藤田支線
 工業の浸食が激しすぎて発展しない。奥のは貨物線。
 MF03 七尾工業地帯
  七尾工業地帯
路線:碧邱本線藤田支線 碧邱本線七尾支線
 現在、発展⇒停滞⇒発展⇒停滞⇒発展⇒停滞⇒発展⇒停滞⇒発展⇒停滞⇒発展を繰り返してる駅。
 周りへの浸食がすごい。
七尾支線
 MN01 大出 解説済み
 MN02 七尾工業地帯 解説済み
凛城線
 R01 碧邱 解説済み
 R02 新田
  新田
路線:凛城線
 なぜかずっと農業発展中。もう牧場6つは建ったのに。ちなみに奥は建設中の新幹線。500走らせる気です。試験走行を9日に一回ぐらいのペースでやっています。
路線:凛城線 彩果線
 R03 太田向原
  太田向原
 住宅駅。彩果町と発展区域が微妙に重なっているため、牧場がある。30分~1時間毎に電車が来る。
 R04 凛城下町
  凛城下町
路線:凛城線
 商業駅。将来ここから北に凛城線は伸びていく。どこまでもとは言えない。
彩果線 全駅解説
 A01 高萱 解説済み
 A02 西高萱町
  西高萱町
路線:彩果線
 あまりにも中途半端な状態で発展が止まってしまった悲しい駅。
 A03 千徳村
  千徳村
路線:彩果線
 特徴があるとすれば名付け元がせんとらるぱぁく駅。
 A04 彩果町
  彩果町
路線:彩果線
 特徴がないのが特徴な気がしていたが、最近発展範囲にマンションが建った。
路線図付きマップ。
bveycxf.png
凛城線は各駅停車黄緑色なのに青い。
彩果線青いのに赤い。

今のところはこんぐらいです。
じゃ失礼します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://a21csabaniti.blog.fc2.com/tb.php/13-d146ab63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。